HOME消防関連製品 その他CAFSユニット18 UnitCAFS / SmartCAFS ムービー

CAFSユニット

18 UnitCAFS / SmartCAFS

  • 概要
  • 特長・詳細
  • 仕様・スペック
  • フォトギャラリー
  • ムービー

18 UnitCAFS

SmartCAFS

「18 UnitCAFS(いちはちユニットキャフス)」は、Miracle CAFS Carの、高性能CAFS技術を継承した『可搬ユニット』です。
非常に簡単な操作で、毎分1800Lの泡放射が可能です。可搬CAFSであるため、積載車、大型水槽車、トラックなどに架装することで、簡単にCAFS機能を装備することができます。

「SmartCAFS(スマートキャフス)」は、18 UnitCAFSと500L水槽を積載しながら豊富な資機材を積載できる、画期的な積載車です。
車両に積載された水を使用するだけで、初期消火には十分対応できる、約8000Lの泡放射が可能です。広々とした開口を確保したドアは、バーハンドルを採用しているので、どの位置からも片手で開閉ができます。ボディ下部に、独自の吸管収納構造を採用することで、素早い吸管の展張・収納が可能です。

 

実火災想定消火実験

集合住宅火災

団地の1室に火を放ち、実際の消火を想定してのCAFS消火実験です。

 

自動車火災

火点まで障害物が多く消火が困難な自動車火災も、CAFS消火ならば少量の水で消火ができます。水放射では、燃焼物表面で水滴が転がり落ち、再着火しやすいのがわかります。

 

タイヤ火災

古いタイヤ18本を積み重ね、ヘプタンで着火しました。CAFS消火は徐々に消火されていく様子がわかりますが、水消火では当たり面だけが温度が下がり、当たり面から外れると再着火します。

 

金属スクラップ火災

一斗缶のフタとプラスチック製のせっけん置きを混在させ、着火後、消火をしました。CAFS消火は泡が溜まり、空気を遮断しているのがわかります。一方、水は流れ落ちてしまい、なかなか消火ができません。

 

B火災

ヘプタンに着火後、CAFS消火を行いました。徐々にヘプタンを泡が被い、消火していく様子がわかります。

 

基礎実験

消火効果

水消火では跳ね返りにより当たり面が小さく、当たり面から外れたところでは炎が残り、いったん消えたようでも再着火が起こります。CAFS消火では泡が表面に残り、再着火しません。

 

CAFSの熱遮蔽

ヒーターで50度に熱したベニヤ板に水とCAFSの放射を行いました。CAFSは放射後も泡が壁面に滞留し、ベニヤ板表面の熱を泡が遮っていることがサーモグラフィーで確認できます。

 

泡消火薬剤の効果実験

表面張力

ベニヤ板に水、泡消火薬剤をそれぞれ1滴垂らし、さらにほぼ同量の水、泡消火薬剤を重ねて垂らしました。水は表面張力の影響で粒になったままですが、水に泡消火薬剤、泡消火薬剤に水を垂らしたケースでは表面張力が失われ、即座にベニヤ板に浸透しました。

 

延焼抑制

木片を水と泡水溶液に3秒間浸け込み、その後約5分放置後、着火しました。
水に浸けたものは火がつきましたが、泡水溶液に浸けたものには火はつきません。