会社情報 沿革

沿革

平成09年(1997年) 7月 大阪市平野区に消防自動車の修理・アフターサービス拡充を目的として(株)近畿モリタを設立
資本金1,000万円
平成14年(2002年) 3月 商号を(株)近畿モリタから(株)モリタテクノスに改称
資本金2,000万円
平成14年(2002年) 4月 消防自動車修理サービス会社(株)南関東モリタ、電子機器製造・販売会社オート電子(株)を合併
資本金1億円
平成14年(2002年) 10月 油圧シリンダー製造・販売会社(株)モリタ技研を合併
平成15年(2003年) 3月 「e-モニタ制御器」(消防ポンプ自動車向けポンプ制御装置)を開発し販売開始
平成15年(2003年) 10月 全社でISO9001の認証を取得
平成16年(2004年) 6月 はしご消防車向け「新型はしごコントローラ」を開発
(特長:機能集約+コンパクト化)
平成16年(2004年) 12月 新潟県中越地震に対し、被災地へ軍手・スコップの無償提供
被災地出動車両へ無償点検を実施
平成16年(2004年) 12月 カラー液晶を採用した「新型はしご姿勢表示装置」を開発
(新機能:はしご先端部カメラからの映像も表示)
平成17年(2005年) 7月 はしご消防自動車バスケットのオーバーラップ型改良(バージョンアップ)車両初号納入
平成17年(2005年) 12月 はしご消防自動車リフターブレーキ改良(バージョンアップ)車両初号納入
平成18年(2006年) 1月 高性能はしご車用基部操作ユニットを開発
(特長:はしごコントローラ、姿勢表示装置、操作席一体型)
平成19年(2007年) 5月 イベコ・マギルス社と日本国内販売総代理店契約を締結
平成19年(2007年) 6月 泡で消火する次世代型消火システムCAFS(メインコントローラ)を開発
平成20年(2008年) 1月 新型e-モニタ操作盤を(株)モリタと共同開発。
平成20年(2008年) 2月 はしご消防自動車に制振制御装置(バージョンアップ)搭載車両初号納入
平成20年(2008年) 4月 大阪工場を兵庫県三田市に移転
平成20年(2008年) 7月 本社を大阪市生野区に移転
平成20年(2008年) 11月 制御工場を大阪府八尾市に移転
平成20年(2008年) 12月 三田工場でISO14001の認証を取得
平成22年(2010年) 3月 スプリネックス制御盤を開発
平成23年(2011年) 4月 東日本大震災に対し、被災地消防本部への消防車無償譲渡活動の一環として、車両の整備を実施
平成23年(2011年) 5月 LED表示装置「電言番」を開発し販売開始
平成23年(2011年) 9月 EL式ステップ灯「Luminous Safety」(バージョンアップ)を開発し搭載車両初号納入
平成25年(2013年) 1月 はしご音声ガイダンス「L-VAS」(バージョンアップ)を開発し搭載車両初号納入
平成25年(2013年) 10月 CAFSユニット「18 UnitCAFS」と、積載車「SmartCAFS」を開発し販売開始
リフタバッテリ自動充電装置「L-CHA」(バージョンアップ)を開発し搭載車両初号納入
3代目e-モニタ操作盤を(株)モリタと共同開発
平成26年(2014年) 5月 整備部門・制御部門・管理部門を集約し、三田新工場を稼働
平成26年(2014年) 6月 本社を兵庫県三田市テクノパーク32番地に移転
平成27年(2015年) 6月 「はしご車シミュレータ」と、CAFSユニット「18 UnitCAFS」をインターシュッツ2015に出展