はしご車のトラブルシューティング

リフター動作関連

クリックすると、原因と確認事項を閲覧できます
リフターレバーを入れても油圧が発生しない
原因
リフター操作(動作)可能条件
1)エンジンが始動されP,T,Oが作動し梯子関係の電源が入っていること
2)バスケットが外されていること(新型同時実行タイプは除く)
3)梯子起梯角度が40度以上であること
主なチェック項目
注意事項

1)KLコントローラーからの出力確認

マスターコントローラーのレバーオンLED確認
 
 
コントローラの出力確認時はエンジンを止めて梯子関係の電源のみで確認したほうが安全である
マスターコントローラー出力確認
 
KLコントローラー出力確認
 
リフターレバーの
ポテンショメータの確認

2)配線チェック

コントローラ、KL電磁弁間の配線チェック
梯子配線図との比較確認
リフターロック(収納掛金)が外れない
原因
リフター操作(動作)可能条件
1)エンジンが始動されP,T,Oが作動し梯子関係の電源が入っていること
2)バスケットが外されていること(新型同時実行タイプは除く)
3)梯子起梯角度が40度以上であること
主なチェック項目
注意事項

1)リフターワイヤーの張りすぎ

手動操作にてロック解除
 
 
 
ワイヤーの張りすぎのとき掛金が外れた場合は大変危険であるから、十分に注意を払いリフターの周りに人が近ずかないように注意

2)電磁弁の固着確認

電磁弁本体の錆付き
 
電磁弁のオーバーライトピンを押してみる
電磁弁内部のゴミ
 

3)ロックシリンダの固着

シリンダ本体の錆付き
 
摺動軸の油切れ(錆付き)
 
リフターの速度が遅い
状態
級別3-203-254-305-355-406-456-50
タイム(S)18283036424852
原因
リフター操作(動作)可能条件
1)エンジンが始動されP,T,Oが作動し梯子関係の電源が入っていること
2)バスケットが外されていること(新型同時実行タイプは除く)
3)梯子起梯角度が40度以上であること
主なチェック項目
注意事項

1)KLコントローラーからの出力確認

マスターコントローラー出力確認
 
リフターレバーの
ポテンショメータの確認
KLコントローラー出力確認
 
ダンピング絞りの
絞りすぎ(つまり)確認
KL電磁弁の作動確認
 
KL電磁弁スプールが
スムーズに動くこと
リフターの速度調整(微速)が出来ない
原因
リフター操作(動作)可能条件
1)エンジンが始動されP,T,Oが作動し梯子関係の電源が入っていること
2)バスケットが外されていること(新型同時実行タイプは除く)
3)梯子起梯角度が40度以上であること
主なチェック項目
注意事項

1)KLコントローラーからの出力確認

マスターコントローラー出力確認
 
リフターレバーの
ポテンショメータの確認
KLコントローラー出力確認
 
KL電磁弁の作動確認
 
KL電磁弁スプールが
スムーズに動くこと